2017/01


寝違えるさんじゅう分愈しの方法はどれらがありますか?寝違えるは1種のよくある病気で、痛みはたまらなくて、自宅で治療.本文小編集と紹介するいくつかの外治方法、簡単操作,30分だけで患者に症状を緩和することができる、また治療効果が明らかで、読者の参考にして選択することができます.

p> <いち、マッサージ法:患者家族席、左手に支えてもらって患者の額部、右手の親指や殘り4指(親指は左に、4、右)それぞれを首筋後の両側に大筋、トップダウンや揉み揉み数回を押したりボトムアップ.そして、その後、右、右、右、右、右、右回り、右、右、右回り、右、右、右.あるいはは患者自身が手を同側首親指侧と、殘りの4を、上から下をこすり、いく通りも、こね圧痛点に注意.繰り返し約15分、痛みは迅速に緩和されて.

に、マッサージ法二:まず指で,ピンチ頚部の痛みの部分、回転して首;そして木クシの裏、たれにつけてサフラワー油やすばしこくて痛みの部位にそっと剃ったり、痛みに切り替え面杖軽くのばし幾下;最後を条熱巾敷首を辛抱することができて、熱を目安にして,尿毒症、すぐこの寝違える症状緩和.

さん、温湿布法を300~500ミリリットルの米酢、ひとつのガーゼ浸し米酢中、そしてそれをガーゼ平でつけて首の筋肉の痛みでも一つだけお湯(水温はななじゅう℃~はちじゅう℃前後)の湯の袋に入れてしみこんである米酢のガーゼ向上行温湿布、温湿布を続けにじゅう~さんじゅう分.お湯の温度は高すぎるか低いか、必要な時に熱湯袋の中の熱湯を交換して温度を保つことができて.温湿布を行うとともに、患者の活動を強化して首効果、活動の範囲が小さいとき大べき.一般寝違える患者治療で適用いち~に次の後、その痛みの症状の緩和が明らかに.

よんしよ、吸い玉法:首先圧痛が最も明らかして適切な口径の缶具を抜いて、約じゅうご分、寝違えの痛みを緩和作用.

防止法を寝違え

昔はよく

を寝違え、2、3の天才がいい.老人が私法からの心の下に肩をすくめるネッキング、それからゆっくりと肩に首を左に見え、またゆっくり左から右、左に戻って順次やって七八回ばいい.一度は七度となく、一度にして、毎日一回活動することができます.