静かな私の尿毒症心

この気持ちはたいへん静かな午後、聴いていてもおなじみの箏曲、忙しい日々の隙間を享受してあの独特の静かで、機の上に知らない紫色の花は、ずっとこんな目を眺めていると、視線がますますぼんやりと、その冬の雪売りのロマンチックな気持ちは、目の前に.自分の紅い世界に生きて、すべてがいっぱいの情、いっぱいの愛.

バッキンガム宮殿秋月、西廂言葉は、私の心の琴線を弾いていて、酸情も腐言葉も、そう思って、こうして書いていて、ずっとこのように静かに自分の世界では、この数字の時代には、ペン先をかすめて紙の感じが好きで、すべての字も心から内の、いっぱいの1ページ1ページで,尿毒症、当時の私はどんな気持ちで、情は文字まで、心の底から流れた紙には、心はますます空……

すべて私に関係がない、この紅塵の中で1回になる、結局は私の世界に帰ることができて、このようにすることは1剤の毒が引いて、私には多く、情愛、捨て,心痛、心が痛む……この世のすべては、虚しいだけて、すべてすべてそんなにの真実ではない、盤古、女性waが、共工、神農……すべて真実は存在しているか?かつての栄光を、どのように輝いて、すべて沒時間の流れの中で,大海の一滴、蛍光一現.離れたいかは、別の時空の夢でしょう!