鍼灸の尿毒症養生の注意事項いつ不適により治っ

鍼灸は漢方医の治療の病気の一種の技術は、それだけでなく、人々を助けることができる身体疾患治療背中の痛み、ダイエット.このように針灸針灸は多くの利益は鍼灸で養生することができて、しかし鍼灸の養生の七の事項に注意して注意しなければならない.

1、疲労、精神的に緊張、飢え者は針にならない、年体弱者針は、なるべく臥位、穴が少なく、手は軽い.

に,妊娠した婦人針猛すぎるべきでなくて、腹部、腰らかっ部や子宮収縮のツボを起こすことができるように、三阴交ホク、昆崙、至陰など禁止鍼灸.

さん、小児は協力しないため、一般留针.乳幼児泉門部及び風府、唖門穴など禁針 媚薬 ランキング.

から、出血性疾患の患者、常に自発性出血、損傷後に止血しやすい者、鍼.

5、皮膚感染、潰瘍、瘢痕と腫瘍部位は鍼.

ろく、目の区、胸背、腎臓区、項部、胃潰瘍、腸癒着、腸閉塞症患者の腹部、尿閉患者の恥骨結合区針に掌握するべき奥行きや角度を突き刺し、禁止を防ぐために,尿毒症、重要な臓器過失損害.

ななしち、鍼治療のいくつかの病気は確かに素晴らしい効果を、万能ではないが、特にいくつか急重病治療は、場合によっては直ちに総合治療を採用してこそ、より助長する患者も、鍼灸の役割を十分に発揮する.

pはとにかく治療過程で、医者者は患者に対して真剣に責任を負い,丁寧に集中し、精神などを予防事故の発生の重要な一環としている.