尿毒症10秒深蹲骨格新陳代謝を助ける10秒

女性は35歳から骨約一年流失1%,尿毒症、閉経後の後に更に加速さん~ご倍.かつて出版『骨粗松症の最新治療―いいますか的でも実行したジグザグマグニ”できら的就是に的方法』(仮訳:骨粗しょう症最新療法――今すぐから寝たきり生活術)の日名医石橋英明さん、あなたに教えるつの防骨松小運動.今から毎日やって、健康な良い骨格を維持させて.

骨格の新陳代謝を

骨格の新陳代謝

日本骨粗しょう症の専門医石島むね章は、と骨代謝に関与の細胞は骨にしみる細胞と造骨細胞は、骨にしみる細胞花さん週間破壊骨骨の細胞の花さんに作らか月カルシウムやコラーゲンを破壊する細胞の穴から骨にしみる.体の半分の骨を入れ替わって7年の時間をかけて.

女性の更年期と骨の再生に関連して、

女性更年期と

女性ホルモンのエストロゲンは抑制骨にしみる細胞の機能は、女性の更年期の時、エストロゲンが分泌減少,骨にしみる細胞を破壊する骨の速度が増し、造骨の細胞のない即時補修、老化現象,骨格、骨粗しょう症.もともとよく運動しないと、太陽の女性、骨はもともと弱いかもしれないから、気をつけて.

この特搗な人は注意しなければならない!あなたは骨粗しょう症の高い危険な人です…

1 .体はやせて、かつて極端な方法を使ってダイエットする人.2 .常運動しない、時間後も運動しない.3 .太太太太太太、出かけるたびに万全な日焼け止めの準備をして.4、乳製品、魚及び大豆類を食べすぎません.5 .家族は骨粗しょう症症の病歴があります.6 .更年期.

骨骨格訓練法

骨細胞は骨格を作る後、自分は骨の中、骨細胞になります.運動刺激で骨、骨が重力や衝撃を受けた時、骨の表面に静止した骨細胞に骨の骨を製造する命令を出して、骨細胞から仕事を始めた.

石橋医師推薦の3種強化骨格の運動

1 .かかとが床に踏み床:太ももの骨を強化します

ステップ/

ステップ:

いち.両手を腰、かかとを閉じ、つま先を開いて約さんじゅう度.2 .足のかかとが持ち上がっ、再置いて.機能:太ももの根元の負担が大きいので、太ももの大腿骨部を強化することができ、下半身の筋肉を強化し、下半身の筋肉の退化による長びくを防止します.1日3回、1回10~20次目標として.ご注意事項:大きくても膝と腰を傷つけて、小さい頃からのスタートにならないように注意しています.

担ぎ:2 .担ぎ半身:腰椎を強化します