尿毒症の症状について

尿毒症は腎機能の低下による臓器や組織または細胞機能に障害ガアリ、体液以上に起こる症候群のことです。
普通は腎臓は老廃物を排泄する臓器で、水、精力剤電解質(ナトリウム、クロール、カリウム、カルシウム、リンなど)のバランスや酸塩基平衡の維持、ホルモンの産生および不活性化(はたらきを終わらせること)の機能などがあります。尿毒症では、これらの腎臓の機能すべてが阻害されています。
尿毒症の症状は大体下記のように分かれています。
水、電解質の異常
ナトリウムやクロールの蓄積は体内の水分の増加をもたらし、高血圧、浮腫(むくみ)、心不全などを起こします。カリウムの増加は不整脈を、カルシウムやリンの異常は腎性骨異栄養症といわれている骨の代謝異常を起こします。
血液の異常
尿毒症に伴う貧血を腎性貧血といいます。レビトラその主な原因は腎臓で作られている造血ホルモンであるエリスロポエチンの産生不足であり、さらに造血抑制因子や赤血球寿命の短縮、低栄養による鉄・葉酸不足、出血傾向などが関わってきます。
免疫の異常
尿毒症では免疫不全の状態となっているため、感染しやすく、またワクチンなどによる免疫獲得率も弱くなっています。