尿毒症の予防と早期症状について

尿毒症がありふれている疾患の一種類として、多くの人に知っています。この病気は患者の健康と生活に巨大な影響をもたらします。それでは私たちは日常生活で尿毒症をどんなに予防しますか?また尿毒症の初期症状は何ですか?次の文で紹介します。

尿毒症の予防法

1、炭酸の飲み物を制限します

炭酸の飲み物の主な成分は砂糖、色素、エッセンスと炭酸水などです。熱量以外、栄養分がほとんどありません。海外の研究は炭酸のドリンクを飲みすぎると、腎石、腎不全と他の腎臓病を患うリスクを増やすことが表明しました。砂糖が入れるかどうかにかかわらず、一日に炭酸の飲み物2本以上を飲むと、慢性腎症を患うリスクは2倍を増やします。

2、腎臓病は尿毒症に病変するのを注意します

腎臓病は尿毒症を引き起しやすいですから、腎臓病患者はすぐに治療して、抗生物質薬物を積極的に応用するべきです。すぐに治療すれば、尿毒症を誘発する可能性が大部低くなります。

3、泌尿システムを感染したら、すぐに治療するべきです

多くの人は泌尿システムの感染は小さな病気として重視しなくてはいいという態度をもっています。実は、泌尿感染を治療不当の場合、病菌の逆行感染を発生し、腎臓を損になり、腎臓機能を弱まり、さらに尿毒症を引き起こします。

尿毒症の初期症状について

1、頭の痛み、疲労

この症状を引き起こす原因は細胞機能の損害、代謝バランスの崩し、有害物質体内の滞留によっての神経細胞病変、電解質の乱れなどです。

2、むくみ

むくみは早期尿毒症患者が比較的発見しやすいの病状です。初期はまぶたと踝部のむくみで、病状の重くなりにつれて、全身性ふくみが現われることがあります。

3、吐き気があります

この症状の要因は血清クレアチニンの高め、毒素の積み、消化器機能障害です。また、病態が悪化することともに、息苦しいの不快感、吐き気も強くなります。

4、尿の減少

この病状の原因は腎臓のろ過機能の低下によっての結果です。