夢が終わると、尿毒症目が覚めても

一刹那、お互いが相手の心の扉を開いた夢、心は万千、はにかむ,気にして驚き、あるいは驚きと驚きだ……夢の中では一面にそっとそっと湖面の落ち葉に波打つから幾やさしいさざ波、落ち葉を楽しむ彼女に乗せて湖を持って,尿毒症、彼女はあちこち漂って,両方が無語はすべてこの静かで溺れて自ら抜け出すことができない、空想している今が永遠に.

現実にはあんなに殘忍、雨風に打たれて、落ち葉が湖面に揺れて定まらないで、七転び八起き、湖水の努力を維持しているのは、かつてのあの美しい、落ち葉が感動して、ただ感動、たくもないまま深い湖に瀋む、これで終瞭!

p>と<彼女が他の感じはもっと楽しむため、彼女は彼女の湖を享受して努力した時に、意見を言って彼女に別れを告げ、心ここではない、遠いところに行きたい、彼女を探して心の本当の追求.湖は通れない、彼は努力が足りない、やはりどこが間違って、彼は懸命に引き留めて、彼はかつて落葉の胸の奥に入ったことがない.

最後湖落葉ごめんなさい後、彼女は彼を殘して飛んで行くひらり、独自に嵐を殘して今後、深く懐かしい.夢は覚めて目を覚まして、人もこのまま去っていく,媚薬 錠剤