夜尿毒症雨寄北

私が巴山夜雨西窓を切って、蝋燭共、柔らかい簾ささやき、君と共话.听窗外山雨しとしとは,精力剤,君に抱きしめながら、暖かい布団錦ベッド、古道に終会わない旅人やせ影、閨房に聞かないひと轻叹、孤独夕日,尿毒症、やせたルージュ.

何番天涯、見慣れた长亭、辛酸をなめ尽くした、疲れた観光客、苦しい軒窓.今夜の短い抱き合って、誰の明はどこどこで.慣れない場合は、この別れは誰が知るこの断腸の手を振って、たとえもう慣れた冷たい布団と旧敷物.

時間に転じ、今宵は何年ですか?二十年生死は広大で、巴山の軒閣,朱に登って、蜘蛛の巢は、殘るあの一縷荒涼.歳月の中で誰が枕元の耳のそばの囁きを覚えて、当時赤い簾の下あのはにかむ輸出の誓いの誓い.ああ!名月、短い松岡、孤独の墓の前に、誰かの涙を落とした衣、きらきらした月光、優しい浮生.

天人永分、あなただけたとえぼやけた古木の年輪に互いに忘れることも、その心に刻んでの面影.十年間は漂流して、ただ心の中がなくなりました牽掛、いいえ、気にしないではないがあっ倚门伊人待ち望んくん早帰り.家ですか?何を家にするのか.その道は長い、どこへへへ、どこには.