レビトラはお酒との併用は少し注意が必要

●よくED治療薬のレビトラは食事の影響を受けないと言われておりますが、なるべく食前20~30分前の空腹時にレビトラを服用することをお勧め致します。または、あっさり目にして食べる量も腹7分で抑えて食後2~3時間くらい空けるようにするとと比較的満足な効果が得られると思います。


●レビトラを服用する時は基本的にはお水ではなくても何で飲んでも大丈夫です。ただし、お酒との併用は少し注意が必要です。お酒の弱い人がレビトラをお酒と併用するとレビトラの血管拡張効果によりアルコールが一気に回って倒れてしまう可能性があるからです。


ほどよい飲酒でしたらアルコールにある精神安定作用によりリラックスできることで、逆にお薬の効果を引き出せることもございます。


糖尿病の気がある方、もしくはすでに糖尿病を患っている方、極度の肥満の方、高血圧、うつ病の方はレビトラ10mgの服用ではレビトラの効果が得られなければ、レビトラ20mgを試してみるのもよいでしょう 重重困难

レビトラを服用できない人のタイプ:レビトラの成分に対してアレルギー反応を起こしたことがある人。


・心臓や心血管に問題があり、性交渉自体に体がついていかない人。
・重い肝機能障害を患っている人。
・先天的に不整脈がある人。
・現在、抗不整脈薬を使用中の人。
・6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴がある人。
・重い肝機能障害を患っている人。
・血液透析が必要な腎障害を患っている人。
・低血圧(最大血圧が90mmHg以下)の人。
・高血圧(最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上)の人。
・不安定狭心症のを患っている人
・抗ウイルス薬(HIV治療薬)、抗真菌薬(内服)を服用している人。
・網膜色素変性症(進行性の夜盲)のを患っている人。

引用される文章はこちらへ:
レビトラはお酒との併用は少し注意が必要