ペットの尿毒症かま後どのように正しい処理傷口_ 0

は猫や犬やキツネや馬や牛などの恒温動物、今も次第に流行する亀、蛇、スッポンなどの冷血動物で、ペットのかまの事故は後を絶たず.

毎年3月~10月は動物の発情期、天気は蒸し暑く、さらに動物の暴れだす、気性が急転、攻撃性が強い.そのため、専門家は、動物に咬まされる場合、予防と治療の提案―――

を提出した.p> <いち、猫、犬などの恒温動物が携帯狂犬病ウイルス、咬まれた後に、きっと狂う犬のワクチン注射.猫の犬にかまを絞り出して、まず傷口に血が、更に石鹸水洗浄傷口を繰り返し、引き続いて多量の水で洗い流して、塗りチンキ.には包帯や縫い合わせるは必要ない.狂犬病ワクチンを注射して、早ければ早いほど良くなる.咬傷後の48時間以内に早く注射ワクチンを注射する.具体的な注射時間は:当日、第3、7、14、30日間各筋肉注射で1本ワクチン.このほかに専門家は特にヒント、狂犬病ワクチンの猫犬咬ま、ウイルス、ウイルス、狂犬病ワクチン.馬咬ま、先に塩水あるいは涼しい湯で洗い流して、更に2 %のボーキサイト水あるいは1 %塩の糖蜜の傷口に巻いて傷口を包む時、必要な時に注射する抗毒素を注射する.

2、カメ、スッポンなどは変温動物に属して、咬まは狂犬病のワクチンを注射する必要がなくて、しかし病院で消炎消炎を行うことができます.負傷者は児童、乳幼児、消炎、破傷風ワクチン注射.毒蛇に咬まれ、うろたえ、毒液拡散と吸収を防止します.ラッシング傷口を近く、直ちに清水で、石鹸水やいち:5000過マンガン酸カリウム溶液洗浄傷や週りの皮膚を除いて、毒液.唇を咥、口腔、唇は破損、無虫歯、中毒の危険性、吸い出しの毒液は直ちに吐い、うがいをします.とにかく、早く病院に病院へ診察をしてもらうことができ,
シリアス 輸入.

(責任編集:徐晓宇)

が一番人気保健熱文水を飲む習慣が十個<>を暴露しあなたは水盲
にオタク族のじゅう条養生経
<が携帯電話のななしち大落とし穴
を台無しに歯